お知らせ

48歳、お腹の脂肪が減った?噂のサプリ980円 PR 関連ニュースはこちら 受動喫煙防止対策 宿泊施設63.5%未実施 うち6割、今後も予定なし 県調査、客7割「禁煙希望」 /青森


「禁煙」希望なのに、宿泊施設が要望に応えていない−−。他人のたばこの煙を吸う「受動喫煙」の防止対策の実施状況をホテルなどの宿泊施設に聞いた県の調査で、こんな実態が明らかになった。回答した県内の施設のうち、対策を実施するのは34・3%。一方、未実施は63・5%に上るが、そのうち6割強は今後も対策の実施予定がないと回答した。だが利用客の7割は「禁煙室が重要」と答えており、利用者側と施設側の意識の差が浮き彫りになった。【宮城裕也】

http://mainichi.jp/articles/20160418/ddl/k02/040/049000c

»新着情報一覧へ戻る

【喫煙者注目】電子タバコの影でひそかに販売されている「かぎたばこ」を試してみた


禁煙の機運が高まるなかで、最近は電子タバコがジワジワと広まりつつある。煙や匂いが少なく、芸能人の間でも電子タバコを愛飲する人は増えているようだ。

とはいえ、通常のタバコを吸っているのと見た目が変わらない。また器具が高く、モノによってはスターターキットで1万円を超えるものもザラにある。そこで私(佐藤)が注目したのは、かぎたばこだ。これは煙が出ないうえに、パッと見てもニコチンを摂取していることがわからない。一体どんな感じなのか試してみた。

https://rocketnews24.com/2016/04/14/737134/

»新着情報一覧へ戻る

電子たばこの禁煙効果、専門家の意見が衝突


米国ではこの10年で喫煙の人気は急激に下がってきたが、健康に悪いことに変わりはない。

 米疾病管理予防センター(CDC)によると、米国で喫煙による死者数は毎年48万人以上。およそ5人に1人の死因が喫煙と関係している。これに加え、喫煙に関連する病気にかかっている人の数は1600万人になるという。米国人にたばこをやめさせるため、さらなる行動が必要なのはあきらかだ。

http://jp.wsj.com/articles/SB11640581799754933369104582001470809795622

»新着情報一覧へ戻る

鉄分不足の女性に嬉しいスーパーフルーツ「サジー」 PR 関連ニュースはこちら ご近所のお医者さん /340 タバコ今昔=細田庸夫さん /鳥取


昔々は、お客さんが来ると、タバコ盆を出すのが礼儀でした。刻みタバコを煙管(キセル)で吸うのが普通だった当時。火の付いた刻みタバコをいったん手のひらに乗せ、新しいタバコを煙管の先に詰め、その上に火の付いた方を乗せて、再び煙管で吸い始める。子供の頃はそんな姿が、かっこよいと思いながら眺めていました。

http://mainichi.jp/articles/20160412/ddl/k31/070/638000c

»新着情報一覧へ戻る

『ラヴソング』喫煙シーンに賛否 “表現の自由”めぐる議論高まるなか世間の反応は?


スタジオジブリのアニメ映画『風立ちぬ』(2013年)で喫煙場面についてNPO法人・日本禁煙学会が苦言を呈し、観覧者の意見も賛否が分かれた。内容はタバコを吸うカットが多いというものや、そのタイミングで吸うのは許せないというものまで様々だ。この議論をきっかけに日本でも作品の喫煙シーンに神経を尖らせるようになったかに感じる。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0412/tec_160412_6244877891.html

»新着情報一覧へ戻る

タバコを吸う人吸わない人、退去時にかかるお金はどう違う?


飲食店、ホテル、さらには路上に至るまで「禁煙化」が進む昨今。愛煙家が心置きなくタバコを吸える場所は、もはや自宅くらいかもしれない。

しかし、賃貸物件の場合、タバコを吸うか吸わないかで、退去時にかかるコストが大きく変わることもある模様。タバコによるヤニ汚れやニオイの度合いによっては、敷金では賄いきれない修繕費を請求されてしまうケースがあるようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/11399873/

»新着情報一覧へ戻る

舍堂駅の出会いの広場に禁煙ベル


ソウル瑞草区(ソチョグ)は、受動喫煙の被害防止効果を高めるために「禁煙ベル」(写真)を設置すると、6日明らかにした。その対象地は、地下鉄2号線舍堂(サダン)駅の7番出口前の出会いの広場と江南(カンナム)駅の9番出口前の休憩スペースとなっているマウルマダンだ。

http://japanese.donga.com/List/3/04/27/531148/1

»新着情報一覧へ戻る

本気で禁煙をするなら、きっぱりタバコをやめるのが効果的


英オックスフォード大学とバーミンガム大学、ロンドン大学の共同研究チームは、長期的な禁煙に取り組む際は、徐々にタバコの本数を減らすより、きっぱりとやめるほうが継続しやすく、効果的であるとする研究結果を発表した。

http://www.agingstyle.com/2016/04/05001022.html

»新着情報一覧へ戻る

これでもまだタバコ吸います? 韓国で喫煙警告画像の試案公開


今年12月下旬から韓国で販売されるたばこのケースに義務的に印刷される喫煙警告画像の試案10種が初めて公開された。

保健福祉部は31日、喫煙警告画像専門家諮問委員会を開き、喫煙警告画像試案10種を確定して発表した。 政府や保健医療界など各界の専門家らで構成された委員会は、昨年10月から全体会議を5回開き、国内外からの約800枚の候補写真について議論した結果、韓国で自主製作された写真を中心に試案に含める写真を選んだ。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23764.html

»新着情報一覧へ戻る

たばこ値上がりを機に禁煙を!


4月から、たばこ税の軽減措置が廃止されるのにともなって、たばこ一箱の値段が10円から50円アップします。

給料は増えず小遣いは減っているのに、これ以上たばこ代が増えるなら、これを機に禁煙をしようと決意する人もいらっしゃることでしょう。

http://www.asahi.com/and_M/living/SDI2016033025901.html

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」