お知らせ

小池都知事が今まさに打とうとしている、歴史的一手とは


豊洲移転のドタバタ、練馬区区議会選挙の惨敗など、小池都政と都民ファーストの勢いは陰るばかりです。

 しかし、今回、その退潮を挽回して余りある偉業がなされようとしています。

 歴史的、と言っても良いような打ち手です。

 それが、受動喫煙防止条例です。

http://blogos.com/article/292174/

»新着情報一覧へ戻る

「屋内全面禁煙」でもパリはやっぱり“たばこ天国”


長い冬が終わり、パリも春めいてきた。新鮮な空気を求めて窓を開け放すと、すがすがしい空気ではなく、たばこのにおいが漂ってくる。隣人の誰かが一服中らしい。アパルトマンの上階からたばこの吸い殻が投げ捨てられることも多い。

屋内全面禁煙から10年たって……

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20180419/med/00m/010/009000c

»新着情報一覧へ戻る

ニューヨーク けむに巻くつもりが


ニューヨーク市の建物は大半が禁煙なので、喫煙者の多くが路上で吸う。私もその一人なのだが、たばこが高額なためか、頻繁に「一本くれ」とせがまれる。そのたびに「これが最後の一本」と断るようにしている。

 先日もマンハッタンの目抜き通り・5番街沿いに歩いて吸っていたら「一本ください」の声が。「またか」と思って声の主を見ると、何と昨年末に取材したホームレスの白人男性ランスさん(27)だった。

取材した場所とは違う。「引っ越し」をしたらしい。実は取材した際、謝礼名目で現金を渡そうか迷った。日本では個人的に取材先に金品を渡すようなことはしなかったので、そのまま立ち去ったのだが「困っている人だし、あげても良かったかな」と少しばかり後悔していた。

http://tabi.chunichi.co.jp/from-the-world/180207newyork.html

»新着情報一覧へ戻る

おすすめ禁煙方法ランキング。1位は「ガマン」と古典的(マクロミル調べ)


5月31日~6月6日は世界禁煙デーです。

最近は分煙・禁煙が当たり前になり、さらには4月から一部の煙草の値上げが決定。喫煙する方の中には、いっそ禁煙しようと思っている方もいるのでは?禁煙とダイエットには失敗もつきもの。成功する人とそうでない人を分ける違いは? うまくいく方法は?調査は過去に禁煙したことのある人で現在喫煙している人・現在も禁煙している人を対象に実施。調査期間は2016年2月4日(木)~5日(金)。有効回答数は1,021人。

http://www.sankei.com/economy/news/160426/prl1604260173-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

中国“密告ボランティア”大活躍か…北京「禁煙条例」10カ月で罰金1800万円ナリ


中国・北京市が昨年6月に施行した中国史上最も厳しいとされる「禁煙条例」で、摘発された違反者が今年3月末までの10カ月間で1331人に上ったことが、中国メディアの報道で明らかになった。罰金総額は105万4700元(約1800万円)。条例施行に合わせて組織された“密告ボランティア”たちも、多額の罰金集めに貢献したとみられる。

http://www.sankei.com/west/news/160424/wst1604240004-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

大学生たばこ事情


習慣的喫煙者わずか14% 全面禁煙のキャンパスも

お酒と同じく、成人から解禁されるたばこ。喫煙者の多くが大学入学後に吸い始めたことだろう。しかし最近の嫌煙ブームで近年、学内の喫煙所は減少し、大学によっては全面禁煙を行うところもある。20歳以上の大学生と大学OBたちに、昨今のたばこ事情を聴いてみた。(★は女子、☆は男子、丸数字は学年)

http://mainichi.jp/articles/20160422/dde/012/070/012000c

»新着情報一覧へ戻る

都の子ども受動喫煙防止条例 酒やスナック菓子に広がる懸念


10月5日、衆院総選挙の公示を間近に控え、日本中が「小池劇場」に目を奪われていた最中、都議会では「子どもを受動喫煙から守る条例」が可決、成立した。十分な議論が尽くされたとはとてもいい難いが、家庭など私的な空間にまで踏み込む規制は、今後どんな影響を生むのか。ジャーナリストの入江一氏が解説する。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1115/sgk_171115_7627519243.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙規制、150平方メートル以下は喫煙可に 元都民ファ・おときた氏「理解に苦しむ大幅な後退」


受動喫煙対策が大きく後退することになりそうだ。厚生労働省は、これまで検討してきた規制案を大幅に緩和し、店舗面積が150平方メートル以下の飲食店は喫煙可とする新しい案を検討しているという。毎日新聞などが報じた。

この報道を受け、都民ファーストの会を離党した東京都議会議員のおときた駿氏は11月16日、

「理解に苦しむ大幅な後退。これでは骨抜きどころか原型すら留めていないのではないか。こうなると、ますます東京都独自の受動喫煙防止対策が重要になってきます」とツイートした。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1116/ccn_171116_2050015395.html

»新着情報一覧へ戻る

「なぜ最近の若者はタバコを吸わない!カッコいいだろ!」という時代錯誤の主張 「狭い喫煙室」で懸命に吸う姿は別にカッコよくない


僕は三十路だが、これまでタバコを一切吸ったことがない。別にタバコが嫌いなわけではない。純粋に吸う機会がなかったことと、お小遣いがそんなに多くないので、タバコを買うよりもお酒に目が行ってしまうだけの話だ。多分、これからも吸うことはないと思う。

先日、2ちゃんねるに「なぜ最近の若者は喫煙する姿をカッコいいと思わなくなったのか?」というスレッドが登場した。このスレッドを立てた人物は「臭いや健康被害は別にして、タバコを吸っている姿がカッコいいのは事実だろ」と書き込んでいる。(文:松本ミゾレ)

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1119/ccn_171119_9327270255.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙防止条例の議論慎重に 飲食業界団体などが署名つのる


東京都が進める罰則付き受動喫煙防止条例の制定に対して、2017年11月20日、東京都飲食業生活衛生同業組合(以下、組合)や日本たばこ協会などが新宿駅前の喫煙所付近で署名活動を行い、規制に関しては慎重な議論が必要であると道行く人に訴えた。

署名活動が行われるのは2回目。組合の宇都野知之事務局長(常務理事)は、飲食店側からは様々な反応があり、公共の場にある喫煙所の数が少ない状態で飲食店内でも一律禁煙としてしまうと、かえって望まない受動喫煙が起こり得ると危惧していると話した。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1122/jtn_171122_3102503870.html

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」