お知らせ

鉄分不足の女性に嬉しいスーパーフルーツ「サジー」 PR 関連ニュースはこちら 検索サイト「ケムラン」 開設 禁煙の飲食店増えて がん研究者・伊藤さん /大阪


ミシュランならぬ「ケムラン(Quemlin)」掲載を目指してみては--。大阪のがん研究者が、著名な格付けガイドブック名にちなんだ、完全禁煙の飲食店検索サイトを開設した。禁煙にした経緯や店主の思いに触れるコメントが特徴だ。環境を重視する利用者を多く呼び込み、禁煙化に向け「決断を後押ししたい」という願いがある。

https://mainichi.jp/articles/20180305/ddl/k27/040/214000c

»新着情報一覧へ戻る

肉まんに電子タバコも…「過剰ニオイ論争」勃発中


花咲く頃が過ぎれば、今度は“鼻曲がる頃”――。気温が上がるにつれ、トラブルの種も増える時季だ。「最近、電車に乗ると若い人が露骨に汗だくの私を避けるように離れていくので、こたえます。くたびれたオヤジだけど、清潔にはしてるんだぞ! と言いたい」(50代サラリーマン) そう、ここ最近、どうにも世の中が「ニオイ」に敏感すぎるようなのだ。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12205-018909/

»新着情報一覧へ戻る

心斎橋筋商店街に路上禁煙拡大 万博も見据え


大阪市は26日、「路上喫煙禁止区域」に心斎橋筋商店街と戎橋筋商店街(中央区)を新たに指定するため、有識者らで構成する路上喫煙対策委員会に諮問した。同地区は訪日外国人でにぎわうことに加え、大阪府市が誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)も見据え、景観整備を進める狙いがある。市は18年度中の指定を目指す。【岡崎大輔】

https://mainichi.jp/articles/20180126/k00/00e/040/308000c

»新着情報一覧へ戻る

貴乃花親方“安住の地”は喫煙所 60代男性ファンと昔話 「尊敬してます」と女性ファン感激


安住の地はここしかない-。逆境に立つ貴乃花親方(45)は22日、春場所会場のエディオンアリーナ大阪の喫煙所に3度、足を運んだ。

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180324/spo1803240002-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

何とも言えない表情…大阪天神橋をざわつかせている「たばこの墓場」知ってる?


昨今では企業も従業員の健康を守るべく「禁煙の日」を設けたり、タバコを吸わない方にも配慮し分煙対策を推し進めたりしていますが、喫煙者にとっては「体に悪いよ!」と言われても、すぐに止められるものではありません……。

http://otakei.otakuma.net/archives/2018032402.html

»新着情報一覧へ戻る

喫煙場所の減少 あなたは賛成? 反対?


5月31日はWHOが制定した「世界禁煙デー」。調査会社マクロミルは17日、記念日に先駆けてたばこについての調査結果を発表した。調査では「喫煙場所の減少」について喫煙者500名と非喫煙者500名にアンケートをとっている。喫煙場所の減少に賛成と答えた人は喫煙者45%、非喫煙者87%と差がついた。

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/413/413467/

»新着情報一覧へ戻る

全席禁煙で喫煙室ありの「分煙型」に 新型新幹線「N700S」


JR東海が2020年度に営業運転を始める計画の新型新幹線「N700S」は、現行最新型の「N700A」と同様、全席禁煙で喫煙室ありの「分煙型」になりそうだ。19日の定例会見で、金子慎社長が方針を示した。一部の席でたばこが吸える700系が約2年後に引退し、東海道新幹線から喫煙席が消えることになる。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018041990205121.html

»新着情報一覧へ戻る

清水、スタジアム内を全面禁煙に…7月18日のC大阪戦から


清水エスパルスは4日、ホームゲーム開催日においてスタジアム内を全面禁煙にすると発表した。これには、報道・関係者関連エリアも含まれる。紙たばこだけではなく、電子たばこなど、全ての種類が該当。全面禁煙が実施されるのは、7月18日に開催される明治安田生命J1リーグ第16節・セレッソ大阪戦からとしている。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20180404/jle18040420020012-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

モクモク煙充満「良くない」 外務省、建物内全面禁煙へ


「外務省の中でモクモクと煙が充満するのは良くない」。河野太郎外相は、外務省の建物内を全面禁煙する方針を20日の閣議後会見で明らかにした。これまでも受動喫煙対策に熱心だった河野氏は「世の中の趨勢(すうせい)をしっかり先取りしたい」と意欲を見せた。

外務省によると、大型連休明けをめどに、現在省内に6カ所ある喫煙室を閉鎖する。代わりに、屋外に喫煙スペースを設ける予定だという。

https://www.asahi.com/articles/ASL4N4QY0L4NUTFK00X.html

»新着情報一覧へ戻る

従業員を雇う飲食店の禁煙が実現した後の飲み屋コミュニケーションの変化


従業員雇う飲食店禁煙 都条例骨子案

僕も学生時代、ちょっとだけタバコを吸ってたこともありましたが、特に常習性は得られなかったので、お金が勿体無いなと長らく辞めていました。

しかし最近、新宿のゴールデン街で六本木からやってきたアメリカ人が、お店の中で楽しくなってしまい、店にいる人達に自分が持っているタバコを薦めるという謎の行為をはじめ、その時に久しぶりに吸ったのがきっかけで、たまにタバコを吸うことを復活させてしまいました。(もちろん強制的に吸わされたとかじゃないですよ。)

https://news.yahoo.co.jp/byline/fshin2000/20180421-00084265/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」