お知らせ

新年度・編集部REBORN計画④ 世の中的にもそろそろアレな「喫煙」をやめる


新年度、始まりました。

年度末の慌ただしさから一息つくタイミングでもありますが、そんな新しい季節には、余計なものを捨て去って、新たな気持ちで挑みたいものです。モノはもちろん、日常的に惰性で続けてしまっている悪い習慣も。

https://www.lifehacker.jp/2018/04/hacknewlife_drop_bad_habits_tabacco.html

»新着情報一覧へ戻る

スペインの失敗から「東京都の受動喫煙防止条例案」を見る


東京都は2018年4月20日、2019年のラグビーW杯と2020年の東京オリパラに向け、独自の受動喫煙防止条例案を発表した。国(厚生労働省)はすでに受動喫煙防止対策を含んだ健康増進法の改正案を閣議決定し、今国会で成立させようとしている。だが、森友加計問題や財務省のスキャンダルなどで国会が機能停止状態のため、東京都側が業を煮やしたという形だ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180421-00084252/

»新着情報一覧へ戻る

福岡市役所、勤務中は全面禁煙 職員に通知、来年2月から


 福岡市は来年2月1日から市役所本庁舎と北別館(中央区)の建物内を全面禁煙とすることを決め、併せて全職員に対し、同日から勤務時間中の喫煙を禁じる通知を22日に出した。市によると、20政令市のうち勤務時間中の禁煙措置を行っているのは大阪、堺、神戸の3市(今年3月現在)。市は「受動喫煙防止の強化に向けた健康増進法改正の動きなど現在の社会通念を考慮すると、仕事中は庁舎外であっても喫煙することは容認されない」としている。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/382087/

»新着情報一覧へ戻る

長く険しい道のり「禁煙」。成功するには?


連載の第1回「あなたはタバコの本当の怖さを知っているか」と第2回「肺がんを早期発見する検査の受け方のコツは?」では、タバコがもたらす悪影響と肺がん検診について解説しました。

そもそもタバコは、どうして体に悪いのでしょうか。改めて解説したいと思います。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/091200163/092600003/

»新着情報一覧へ戻る

ネット民が試した『私が禁煙に成功した方法』色々


新年を迎えたら、誰でも何かしら “今年の抱負” を掲げるもの。おそらく喫煙者の中には、忍び寄る増税もあって「今年こそ絶対に禁煙する」と心に誓った人も少なくないのでは!?

しかし、タバコを吸いたい誘惑に打ち勝つのは至難の業……。では、禁煙成功者はどのようにして達成したのだろうか。海外掲示板サイトRedditのユーザーが「この方法で私はタバコをやめました!」と語っていたので、いくつか紹介することにしたい。

https://rocketnews24.com/2018/02/07/1016233/

»新着情報一覧へ戻る

モスバーガー、全店舗を「禁煙」に20年までに店舗改装


ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは3月30日、2020年3月末までに同チェーンの全店舗(1344店)を全面禁煙化する方針を決めたと明らかにした。理由は「顧客から多くの要望があったほか、スタッフの健康面に配慮する必要性を感じたため」(広報IRグループ、以下同)

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3395915

»新着情報一覧へ戻る

5月31日は世界禁煙デー。たばこに関するアレコレを大調査(マクロミル調べ)


マクロミルは「たばこ」をテーマとして、WHOが制定した5月31日の「世界禁煙デー」を前に、 20~60代の喫煙状況や禁煙経験など、たばこに関するアレコレを調査した結果を公表した。

【1】 20~60代男女の喫煙率は、 19%。 約5人に1人が喫煙者
最初に、全国の20~60代の男女20,000人の喫煙状況を確認した。なお当調査では、紙巻きたばこ、もしくは、加熱式たばこを吸う人を“喫煙者”と定義している。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3441601

»新着情報一覧へ戻る

8年前に話題になった2歳の頃から1日40本のタバコを吸っていた子どもの現在 別の問題に悩まされる


2歳の頃に1日に40本のタバコを吸っていた子どもを覚えているだろうか。子供用のおもちゃの車にまたがり大人の貫禄でタバコをふかすその貫禄に世界中が驚愕した。

その子が話題になったのは2010年で、世界中から様々な反応があった。この子はインドネシアのスマトラ島のアルディ・リザルくん。当時2歳で現在は10歳になっている。
アルディくんは5歳の頃に禁煙クリニックに送られ、長期間にわたる禁煙治療の末、禁煙に成功。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3442202

»新着情報一覧へ戻る

鉄分不足の女性に嬉しいスーパーフルーツ「サジー」 PR 関連ニュースはこちら 検索サイト「ケムラン」 開設 禁煙の飲食店増えて がん研究者・伊藤さん /大阪


ミシュランならぬ「ケムラン(Quemlin)」掲載を目指してみては--。大阪のがん研究者が、著名な格付けガイドブック名にちなんだ、完全禁煙の飲食店検索サイトを開設した。禁煙にした経緯や店主の思いに触れるコメントが特徴だ。環境を重視する利用者を多く呼び込み、禁煙化に向け「決断を後押ししたい」という願いがある。

https://mainichi.jp/articles/20180305/ddl/k27/040/214000c

»新着情報一覧へ戻る

肉まんに電子タバコも…「過剰ニオイ論争」勃発中


花咲く頃が過ぎれば、今度は“鼻曲がる頃”――。気温が上がるにつれ、トラブルの種も増える時季だ。「最近、電車に乗ると若い人が露骨に汗だくの私を避けるように離れていくので、こたえます。くたびれたオヤジだけど、清潔にはしてるんだぞ! と言いたい」(50代サラリーマン) そう、ここ最近、どうにも世の中が「ニオイ」に敏感すぎるようなのだ。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12205-018909/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」