お知らせ

マラドーナ氏、試合観戦中の喫煙を謝罪。韓国人ファンへの人種差別疑惑も…【ロシアW杯】


アルゼンチン代表のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏は、ワールドカップの試合を観戦中にタバコを吸う姿を見せていたが、スタジアム内が禁煙だったことを知らされて謝罪を行った。

アルゼンチンは現地時間16日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグD組第1節の試合でアイスランドと対戦し、1-1で引き分けた。1986年大会でアルゼンチンを世界制覇に導いたマラドーナ氏もスタジアムを訪れて観戦していた。

https://www.footballchannel.jp/2018/06/17/post275265/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙防止条例が賛成多数で可決も 対象外の加熱式タバコに指摘


受動喫煙防止条例、賛成多数で可決されて都議会閉幕。2020年4月から都内は全面禁煙へ

http://blogos.com/article/307431/

»新着情報一覧へ戻る

『サザエさん』、波平の“タバコを買いに”発言が波紋 「喫煙者なの!?」


6月10日放送のアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で、波平が喫煙者だと分かる発言があり、視聴者を驚かせたようだ。

 この日放送された「傘とやさしさ」という話の中で、梅雨の季節の傘にまつわるエピソードが描かれた。急に雨が降りだし、傘を忘れた波平のためにカツオが傘を持っていく途中、困っていたウキエさんに遭遇。カツオはウキエさんに傘を貸してしまい、結局サザエが再度波平に傘を持っていくことに。これを知った波平は「困っている人がいたら傘に入れてあげなさい」とカツオの行為を褒めた。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12205-043746/

»新着情報一覧へ戻る

【調査】「世界で最も厳しい禁煙令」の国で喫煙者はどうしてるのか / 喫煙室もオール撤去!


日本で議論に議論が重ねられた「受動喫煙防止法」。過去のWHOの視察では、日本の受動喫煙対策は「前世紀並に遅れている」とされ、「世界、どれだけのものを求めてるんだよ!?」と、心穏やかでない愛煙家もいらっしゃるだろう。

一方で法案では適用外にされる例外も多く、「結局、現状と変わらないのでは?」と思っている健康増進派の人も多いのではないだろうか。そんな状況に痺れを切らしたのか、東京都は独自の条例案を出すわで、もう訳がわからん!

https://rocketnews24.com/2018/05/23/1062672/

»新着情報一覧へ戻る

喫煙後は45分間エレベーターに乗るの禁止!


奈良県生駒市が発表した方針が話題に → どれくらい迷惑なのか吸いたてのおっさんと一緒に乗ってみた

https://rocketnews24.com/2018/03/30/1038571/

»新着情報一覧へ戻る

喫煙者のタバコ休憩に「不平等」と怒りの声 「スマホ休憩行ってきまーす!なんて絶対通用しない」


「また席外してるよ」――。タバコ休憩への苛立ちに気づいている喫煙者はどれだけいるのだろうか。やっと戻ってきたかと思うと、タバコの匂いを漂わせ、嫌煙家の怒りをさらに買っている。

喫煙者を採用しないことを掲げる星野リゾートは企業サイトに
「『なぜニコチン依存症の社員だけを企業は優遇するのか』とアルコール依存症の社員が主張したら、従業員食堂の横に社員用のバーを設置するのでしょうか」と書いている。

https://news.careerconnection.jp/?p=51941

»新着情報一覧へ戻る

東京都、庁舎内のタバコは休憩中もダメ。職員の喫煙所利用を禁止


都職員、休憩中も庁舎内禁煙 屋外喫煙も「厳に慎む」

東京都は2日、全職員を対象に、休憩時間も含めて庁舎内を禁煙とする取り組みを始めた。小池百合子知事の肝いりで独自の受動喫煙防止条例の制定を目指しており、「隗(かい)より始めよ」(小池氏)と踏み切った。

都によると、都庁(新宿区)や出先の事業所にあった屋内の喫煙所は、新年度から来庁者向けを除いて廃止。敷地内の屋外喫煙所の利用も「都民から批判を受けないよう厳に慎む」よう職員に求めた。喫煙した場合の罰則はないが、長時間の無断離席などにより服務規程違反となる可能性もあるという。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/02/tokyo-smoking-ban_a_23400665/

»新着情報一覧へ戻る

加熱式タバコは「分煙の喫煙席」なら食事OKに。都が受動喫煙防止条例案で方針転換【UPDATE】


2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、喫煙者ではない人にタバコの煙を吸わせる「受動喫煙」を防ぐための独自の条例案を検討している東京都が、加熱式タバコの扱いで揺れている。

都は6月5日、「受動喫煙防止条例(仮称)」の条例案を発表する。案は、6月12日開会の都議会に提出する予定だ。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/06/03/kanetsushikitabako-jourei_a_23449911/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙防止条例 面積問わず飲食店禁煙 千葉市長が方針 加熱式は規制から除外 /千葉


2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、千葉市が制定する罰則付きの受動喫煙防止条例について、熊谷俊人市長は21日、店舗の面積に関係なく従業員を雇う飲食店内を原則禁煙とする方向で検討していることを明らかにした。飲食店内の原則禁煙は東京都が6月議会に提出した条例案と同様だが、都や国が実施する考えの加熱式たばこの規制については条例案に盛り込まない方針を示した。【信田真由美】

https://mainichi.jp/articles/20180622/ddl/k12/010/044000c

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙、加熱式たばこも規制 厚労省が法改正素案 小規模店は喫煙可


厚生労働省は30日、受動喫煙対策を事業者らに義務付ける健康増進法改正案の素案を公表した。普及が進む加熱式たばこは、受動喫煙による健康影響は明らかでないが、煙に有害物質が含まれるとして規制対象とする。紙巻きたばこを含め飲食店は原則禁煙としつつ、既存の小規模店は「分煙」などと表示すれば喫煙を認める。3月に改正案の国会提出を目指す。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26297820Q8A130C1MM0000/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」