お知らせ

受動喫煙対策の次は「喫煙者」への「禁煙サポート」でしょう


タバコに対する社会的な風当たりが強くなり、喫煙者はさぞ肩身の狭い思いをしているのではないかと察する。受動喫煙対策が進みつつある中、次に取り組むべきは、やはりタバコを止めたくても止められない喫煙者への禁煙サポートをどう進めるかではないだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20190316-00118493/

»新着情報一覧へ戻る

加熱式もやはり有害=「タバコゼロ」目指し医師が総会


「タバコゼロ社会」を目指す日本禁煙推進医師歯科医師連盟学術総会が千葉市で開かれた。2020年の東京オリンピック・パラリンピックや25年の大阪万博を見据え、受動喫煙防止条例の制定を目指す自治体の動きが加速している。総会では、既に条例を制定している3自治体の関係者や禁煙運動を進める医師らが報告。加熱式たばこも紙巻きたばこと同様に有害だとした上で、誤った認識に警鐘を鳴らした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00010000-jij-sctch

»新着情報一覧へ戻る

「全面禁煙」の運動公園に喫煙所、矛盾じゃないの? 「煙が流れてきて臭い」の声も


「公園内は全面禁煙です」。そんな文言の看板を掲げているのに、園内に喫煙所があるのは矛盾だ―。京都府宇治市広野町の府立山城総合運動公園(太陽が丘)でウオーキングを楽しむ60代男性から、疑問の声が京都新聞の双方向型報道「読者に応える」に寄せられた。実際に太陽が丘を訪れてみると…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00010000-kyt-life

»新着情報一覧へ戻る

4度目の正直となるか? 禁煙外来へ訪問し、本気のたばこ卒業宣言


たばこの有害性・依存性を学ぶ
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属、結成7年目を迎えたお笑いコンビ・空気階段。過去には「キングオブコント」準決勝まで2度も勝ち進み、TBSラジオ「マイナビ Laughter Night」のチャンピオンライブでは2連覇も達成している。

そして昨年、ボケを担当する鈴木もぐら氏は結婚し、さらにはパパになったという。順風満帆な芸人ライフを歩んでいるようにも見える同氏だが、一方では“借金600万円”など、なかなか気合いの入った「クズ」っぷりも話題になっているのだとか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000009-mynavin-life

»新着情報一覧へ戻る

なぜタバコは過剰に敵視されるのか?


禁煙運動をする医師らは、「タバコゼロ社会」を目指しているという。それほどまでにタバコを目の仇にしている様は、ヘイトやナショナリストにも似ている。
麻薬等の禁止薬物ならまだしも、タバコは一定の条件の下で許可されているものだ。それは酒類と同じ。
禁煙運動家たちの主張には、疑問を感じることは多い。

https://blogos.com/article/364374/

»新着情報一覧へ戻る

禁煙と新ルールは“ふとしたとき”に気をつけろ!【記者の目】


以前、バラエティ番組で禁煙をしている芸人たちが集まって、どんな時にたばこを吸いたくなるかを話していたときのこと。「お酒を飲んでいるとき」、「珈琲を飲んでいるとき」、「イライラしたとき」などよく言われるシチュエーションが並ぶ中、ある芸人が「ふとしたときですね。例えば買い物を終えて車に乗った瞬間とか。何気なく火を付けていたときがあぶないですね」と答えていた。筆者は喫煙者ではないのだが、「なるほど」と思ったものである。

https://news.nifty.com/article/sports/alba/12102-118659/

»新着情報一覧へ戻る

日本料理店など全飲食店を禁煙に 近鉄リテーリング


小売・飲食店を運営する近鉄リテーリング(大阪市)は25日、4月1日から飲食店の全店を全席禁煙にすると発表した。同社は関西を中心にウナギ料理店「江戸川」や日本料理店「月日亭」など99店を運営している。現在もおよそ半数の店舗を全席禁煙としているが、幅広い世代や訪日外国人客がより利用しやすい環境を整える。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41714740V20C19A2LKA000/

»新着情報一覧へ戻る

巨人・原監督、岡本ら若手有望選手に禁煙のススメ 自身は「夢で吸って」やめた


巨人・原辰徳監督(60)は期待をかける選手に禁煙を勧めるが、かつて自身が“卒煙”した際の体験談がユーモラスだ。

昨秋の復帰会見で原監督はいきなり、22歳で4番打者に定着した岡本に「まず、タバコをやめることだね」とメッセージを送り、物議を醸した。

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190311/spo1903110002-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

東京五輪の会場、屋外含め全面禁煙 加熱式たばこも不可


2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は28日、加熱式たばこを含め、大会期間中は競技会場の敷地内を全面禁煙にすると発表した。観客や選手、ボランティアなど来場する全ての人が対象となる。組織委によると、夏季五輪では近年、会場の屋内禁煙が進んできたが、屋外も含めた敷地内の全面禁煙は初めてとみられる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41878530Y9A220C1CC1000/

»新着情報一覧へ戻る

登米市「勤務中は全面禁煙」のはずが…複数の職員頻繁に喫煙 地方公務員法に違反も


「勤務時間中、職員は全面禁煙」との厳しいルールを定めている登米市で、複数の職員が決まりを守らず市役所敷地内で頻繁に喫煙していたことが18日、分かった。喫煙中は一時的に職場を離れており、地方公務員法の職務専念義務違反に問われる可能性もある。熊谷盛広市長は同日の市議会2月定期議会で事実関係を認めて陳謝。今後は禁煙ルールを徹底させる考えを表明した。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201902/20190219_11019.html

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」