お知らせ

受動喫煙法案、今国会で成立見通し 喫煙、専用室のみに


受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が12日、参院厚生労働委員会で与党などの賛成多数で可決された。今国会で成立する見通し。多くの人が集まる施設や店舗は原則屋内禁煙となり、基本的に喫煙専用室以外ではたばこを吸えなくなる。東京五輪・パラリンピック前の2020年4月に全面施行する。

https://www.asahi.com/articles/ASL6T3H86L6TULBJ002.html

»新着情報一覧へ戻る

桂歌丸さん「タバコ病」と呼ばれるCOPDで死去~さまざまな業界に広がる禁煙化


7月6日、オウム真理教元代表の麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑が執行された。各死刑囚の分散移送後、複数メディアが政府関係筋の声として報じてきた「平成の事件は(次の時代に)持ち越さないほうが賢明」との異口同音的なXデー予告が、ついに具現化されたわけだ。

一方、4日前の7月2日、その「昭和そのもの」の人柄と生きざまで庶民から愛された一人の落語家が81年の人生を全うした。

http://healthpress.jp/2018/07/post-3710.html

»新着情報一覧へ戻る

非喫煙者に支給される「タバコ手当」 これって差別じゃないの?


かつては公共交通機関などでも吸うことができたタバコですが、昨今は禁煙が当たり前となっており、喫煙者は肩身の狭い思いをしています。

企業でも社員の健康を守るため、禁煙を促すことがあるようです。なかには、喫煙をしない社員に対し、優遇措置をとる会社もあると出ていると聞きます。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12154-086450/

»新着情報一覧へ戻る

中国の喫煙者は驚くはず「新幹線には喫煙ルームがあるぞ」=中国メディア


新幹線の車両内は禁煙となっているが、一部車両には喫煙ルームが設置してあるため、喫煙者は新幹線の乗車中もタバコを吸うことが可能だ。中国高速鉄道も車両内は禁煙であると同時に、喫煙ルームも存在せず、一部の喫煙者にとって乗車中はずっと我慢の時間となっている。

https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20180712_00003/

»新着情報一覧へ戻る

「最適解は、完全禁煙しかない」vs「たばこを吸う側の自由や満足を」 科学的な議論が受動喫煙政策に活かされない日本


受動喫煙対策が骨抜きにされた政府の健康増進法改正案が7月10日、参議院厚生労働委員会で審議され、医師、患者、行政、飲食店と様々な立場から招かれた参考人が意見を戦わせた。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/sangiin-kouseiroudouiinnkai-2?utm_term=.ec1bPOXkd#.ievK6Pl28

»新着情報一覧へ戻る

東京都の子どもを受動喫煙から守る知識クイズ


「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(7月8日放送)では、東京都医師会会長の尾﨑治夫が出演し、「東京都の子どもを受動喫煙から守る知識クイズ」を紹介した。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12245-054400/

»新着情報一覧へ戻る

全席禁煙パチンコ店じわり 「たばこ臭い」イメージ払拭


受動喫煙対策を強化する改正健康増進法案が、今週中に成立する公算が大きい。施行後は、多くの人が利用する施設内は基本的にたばこを吸えなくなる。喫煙客が多いパチンコ店も例外ではない。まだわずかだが、禁煙にする店もじわりと増えている。

https://www.asahi.com/articles/ASL736JFQL73ULBJ013.html

»新着情報一覧へ戻る

どうして日本の新幹線では喫煙場所があって、中国の高速鉄道でタバコを吸うと罰金を取られるのか=中国メディア


中国メディア・今日頭条は9日、「どうして日本の新幹線は喫煙できて、中国の高速鉄道で喫煙すると大変なことになるのか」とする記事を掲載した。

記事は、「日本はルールに厳しく、路上で随意に喫煙できないようになっている。しかし、新幹線では喫煙ができるのだ。これはわが国の高速鉄道が厳しく喫煙を禁じているのとは全く違う。どうして日本ではこの点において緩いのだろうか」とした。

http://news.searchina.net/id/1662918?page=1

»新着情報一覧へ戻る

“治りにくい”肺がん手術の現在 「集学的治療」が欠かせない 鳥集 徹


患者にかかる負担を軽くするために、肺がんでも傷の小さな胸腔鏡手術や、肺の切除を小さくする縮小手術が普及している。ただし、根治性や安全性がおろそかになっては本末転倒だ。

肺がんは、日本人でもっとも死亡数の多いがんで、しかも「難治がん」、つまり治りにくいがんの一つとされている。

http://bunshun.jp/articles/-/7115

»新着情報一覧へ戻る

「たばこは薬物だ」発言の郡山市長にJTなどが撤回求める


「たばこは薬物」などと発言した福島県郡山市の品川万里(まさと)市長に対し、日本たばこ産業(JT)東北支社や郡山たばこ販売協同組合など関係10団体は10日、発言撤回を求める意見書を同市長に提出した。

https://www.sankei.com/life/news/180710/lif1807100025-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」