お知らせ

郡山市長の「たばこは薬物」発言が波紋 禁煙学会が「当然」と擁護


福島県郡山市の品川萬里(まさと)市長が先月4日、「たばこは嗜好(しこう)品ではなく薬物だ」と発言し、波紋が広がっている。市議会議員が市長の発言を批判し、たばこ農家や愛煙家への謝罪を要求。日本たばこ産業(JT)郡山支店ら10団体は7月10日、発言の撤回を求める意見書を提出した。

http://news.livedoor.com/article/detail/14997073/

»新着情報一覧へ戻る

タバコはれっきとした「薬物」である


福島県郡山市の品川萬里市長が「タバコは嗜好品ではなく『薬物』」と発言し、JT(日本たばこ産業)などが発言の撤回を求めた意見書を提出して議論になっている。市長という立場から公的な発言とされ、地元の葉タバコ農家やタバコ販売業者などへの配慮から批判の声もあるが、市長は医学的な見地からの発言で謝罪を否定しているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180711-00089002/

»新着情報一覧へ戻る

福島・郡山市長「たばこは薬物」と発言し業界団体が反発 / このことについて喫煙者の反応は……


喫煙者はこれから先、間違いなく絶滅の危機に直面するだろう。2020年の東京五輪に向けて、東京都は受動喫煙防止条例を施行し、今よりもたばこの吸える場所は制限されていく。すでにこの7月から全面禁煙に踏み切った外食チェーンもあるほどだ。

そんななか、福島県の郡山市長の発言に業界団体が不快感をあらわにしている。品川万里(まさと)市長は、「たばこは薬物」と発言したそうなのだが……。この一連の流れに私(佐藤)は疑問符が浮かんだ。そして喫煙者はこのことをどう捉えているのだろうか。

https://rocketnews24.com/2018/07/11/1089531/

»新着情報一覧へ戻る

福島・郡山市長「たばこは薬物」と発言し業界団体が反発 / このことについて喫煙者の反応は……


喫煙者はこれから先、間違いなく絶滅の危機に直面するだろう。2020年の東京五輪に向けて、東京都は受動喫煙防止条例を施行し、今よりもたばこの吸える場所は制限されていく。すでにこの7月から全面禁煙に踏み切った外食チェーンもあるほどだ。

そんななか、福島県の郡山市長の発言に業界団体が不快感をあらわにしている。品川万里(まさと)市長は、「たばこは薬物」と発言したそうなのだが……。この一連の流れに私(佐藤)は疑問符が浮かんだ。そして喫煙者はこのことをどう捉えているのだろうか。

https://rocketnews24.com/2018/07/11/1089531/

»新着情報一覧へ戻る

連続喫煙可能! 深い味わいが楽しめる加熱式たばこ


「SEC」は、バッテリー一体型で長さ112.8㎜という携帯性抜群の加熱式たばこ(iQOS互換機)。LEDで囲んだ大きなボタンを操作するだけの簡単シンプル設計。たばこスティックを差し込んでボタンを短く3回押し、LEDが点滅から点灯に変われば喫煙できる。電池残量が少なくなるとLEDが赤く光って知らせ、本体側面からmicroUSB充電する仕組み。フル充電で約10本喫煙でき、通常のヒートブレードが片面ヒートなのに対し、両面ヒートになっているため、より深い味わいが楽しめる。セット内容はSEC本体、microUSB充電ケーブル、予備シリコンリング、クリーニング綿棒。価格は景品交換時に求めやすく、かつホールの取り扱いにも配慮した設定になっている。

https://www.yugitsushin.jp/products/連続喫煙可能!-深い味わいが楽しめる加熱式たば/

»新着情報一覧へ戻る

アイコスのフィリップモリスが海外投資家に語る加熱式たばこの真実 アイコスの国内シェアは何パーセントなのか


喫煙者にはガジェットともいうべき加熱式たばこ。その代名詞ともいえるフィリップモリス・インターナショナル(PMI)のアイコス(ICOS)。国内での加熱式たばこのシェアでは、競合のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のグロー(glo)やJTのプルーム・テック(Ploom TECH)に対しての高さも口にされますが、一体どのくらいのシェアなのでしょうか。今回はフィリップモリスの決算開示資料をもとにその内容を確認してみましょう。

http://www.toushin-1.jp/articles/-/6379

»新着情報一覧へ戻る

パンダ虐待され無残 喫煙しながら世話・アリ付きのエサ


中国で「国宝」と呼ばれるパンダの受難が相次いでいる。中国湖北省の武漢市動物園は19日、パンダを「虐待」したとして飼育員を停職処分にし、調査を始めた。パンダに健康被害が出ているという。

https://www.asahi.com/articles/ASL6N4712L6NUHBI00Z.html

»新着情報一覧へ戻る

(耕論)煙害、わかっちゃいるけど 林野宏さん、松沢成文さん、村田陽平さん


受動喫煙対策を強める法律が成立する。だが経営中の小規模店では喫煙を認めるなど、抜け穴もある。たばこの煙は体に害ばかり。「わかっちゃいるけど」対策が進まないのは、なぜ?

https://www.asahi.com/articles/DA3S13583235.html

»新着情報一覧へ戻る

1日20本以上たばこを吸う男性は交通事故による死亡リスクが高い傾向-東北大


およそ10万人を対象とした20年間の追跡調査で判明
東北大学は7月4日、喫煙と交通事故の関連を検討した前向きコホート研究において、男性で喫煙者ほど交通事故による死亡リスクが高い傾向にあるという研究結果を発表した。この研究は、同大大学院歯学研究科国際歯科保健学分野の相田潤准教授らによるもの。研究成果は、「Journal of Epidemiology」にてオンライン公開された。

http://www.qlifepro.com/news/20180706/according-to-follow-up-survey-for-20-years-smokers-are-found-to-be-at-a-higher-risk-of-death-from-traffic-accidents.html

»新着情報一覧へ戻る

【神保哲生×宮台真司×原田隆之】タバコ規制を妨げる財務省、厚労省、政治家の利権


国会では受動喫煙を防止するための措置を含む健康増進法改正案の審議が始まったが、ザル法との批判も少なくはない。そもそも、先進国の中でも日本はタバコに関する規制に弱腰で、報道も少ない。その最大の理由は、タバコ利権にあると専門家は指摘する。財務省を中心に、JT、さらには政治家も絡む、これら利権の真実とは――。

http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2018/06/post_8536/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」