お知らせ

「煙草休憩は時給泥棒」 横浜市職員の取り組み受け議論再燃


ちょっとタバコ――そう言って勤務中に席を立つ、いわゆる「タバコ休憩」は度々議論になるネタの一つだ。主に非喫煙者から、「休憩時間が長すぎ」「タバコを吸うからって休めるなんて」など、不公平さを訴える声が上がっている。

そんな中、横浜市が、勤務時間中の職員の喫煙是正に取り組む方針を示した。「当然だ」とする声が上がる一方、「そこまでしなくても・・・」と考える人も少なくないようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/11359926/

»新着情報一覧へ戻る

「タバコ休憩組は時給ドロボウ」 横浜市の「是正」取り組み受け、議論再燃


ちょっとタバコ――そう言って勤務中に席を立つ、いわゆる「タバコ休憩」は度々議論になるネタの一つだ。主に非喫煙者から、「休憩時間が長すぎ」「タバコを吸うからって休めるなんて」など、不公平さを訴える声が上がっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/11359926/

»新着情報一覧へ戻る

禁煙したければ一度にキッパリやめろ! 未練たらしく本数を減らしてもダメ


禁煙したいけどなかなか止められないタバコ。少しずつ本数を減らしていけば何とかなると考えている人が多いが、キッパリ一度に止めた方が成功率は高いことがわかった。

英オックスフォード大のチームが、英医学誌「Annals of Internal Medicine」(電子版)の2016年3月14日号に発表した。

https://www.j-cast.com/2016/03/27262371.html

»新着情報一覧へ戻る

妊娠中のタバコの影響|喫煙や副流煙は母体と胎児によくない?


たばこやお酒ははママと赤ちゃんにはよくないということは知られていて、妊娠をすれば禁煙をするように指導されます。

しかし、ママ自身が喫煙をしていなくても、周りの家族が喫煙しているとママが副流煙を吸ってしまうことになり、それもまたママや赤ちゃんに影響を与えます。

https://feature.cozre.jp/71134

»新着情報一覧へ戻る

禁煙は「すぐに止める」「徐々に止める」どっちが有効?


禁煙したければ、タバコを徐々に減らすよりも、きっぱり止めるほうがよいことが新たな研究で判明した。「ほとんどの人は徐々に減らすほうが自分に合っていると考えていた。しかし本人の考えにかかわらず、一度に止める方法のほうが優れていることが明らかにされた」と、筆頭著者である英オックスフォード大学博士研究員のNicola Lindson-Hawley氏は述べている。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23764.html

»新着情報一覧へ戻る

「タバコを吸う人」の歯がとっても危ない理由 虫歯、口臭、歯周病…子どもにも悪影響及ぶ


公共施設や飲食店などで進んできた禁煙スペースの拡大。オフィスでも分煙化が進み、喫煙者の肩身が狭くなっています。厚生労働省によると、成人の喫煙率は1990年に男性53%、女性9.4%でしたが2013年には男性32%、女性8.2%まで下がっています。

https://toyokeizai.net/articles/-/109783

»新着情報一覧へ戻る

パチンコ店「全面禁煙」は全国ホールに蔓延か? 喫煙規制「ホール衰退」囁かれるも「お上」追い込み喫煙規制


2020年開催の東京オリンピックに向け、受動喫煙対策が活発化している昨今。昨年政府は、たばこ税を1本当たり3円増税する方針を発表。2014年以来の増税となり、喫煙率はさらなる低下が見込まれる。

現に、JTが発表した全国たばこ喫煙者率調査」によれば、2016年では喫煙者数は男女合わせ2027万人だったものの、2017年は1971万人に減少したという。今に始まったことではないが、全体的に減少傾向にあるようだ。

http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5668.html

»新着情報一覧へ戻る

禁煙ポスターはむしろ逆効果? 青少年は喫煙意識が高くなる


喫煙が健康に与える影響は大きく、喫煙者は非喫煙者に比べて10年ほど余命が短くなるといわれています。また喫煙は、その副流煙がたばこを吸う喫煙者本人のみならず、周囲の人の健康にも影響を与えることが分かっています。

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/221908

»新着情報一覧へ戻る

東京都受動喫煙防止条例に対する署名、17.8万筆に


東京都遊協(阿部恭久理事長)は1月24日、都内文京区の東京ドームホテルで定例理事会を開催した。

当日は東京都受動喫煙防止条例に対する署名活動結果を報告。署名活動は昨年12月5日から今年1月19日にかけて行われ、全体では17万8,000筆が集まり、そのうち東京都遊協関係者分は4,000筆(※WEB署名除く)だった。

東京都が2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた環境整備の一環としてまとめた「東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方」では、パチンコホールを含む娯楽施設は「原則屋内禁煙(喫煙専用室設置可)」とされている。

https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-17023/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙対策、厳格化を要望…がん患者団体連合会と関連3医学会


全国がん患者団体連合会と、がん関連3医学会は24日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案について、より厳格な内容を求める要望書を合同で加藤厚生労働相あてに提出した。

 非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙への対策強化を巡り、厚労省は、飲食店内は原則禁煙だが、店舗面積150平方メートル以下は喫煙を認める同法改正案を提出する方針。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180125-OYTET50005/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」