お知らせ

受動喫煙防止で"公権力"をぶつ朝日と東京


他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」を防ぐため、東京都が飲食店などを原則、屋内禁煙とする条例案を公表した。自民党の反対で先送りされた国の「たばこ規制法案」の先取りだ。社説では朝日新聞(9月12日付)と東京新聞(13日付)がこの都の方針を「歓迎したい」「期待したい」と書いた。しかし、いずれの社説も「喫煙は違法ではない」と喫煙の権利について言及しているため、肝心な主張がぼやけてしまった。なぜ2紙は「公権力」などという言葉を持ち出してくるのか――。

http://president.jp/articles/-/23180

»新着情報一覧へ戻る

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」