お知らせ

度々論争となる仕事中のたばこ問題 喫煙者や非喫煙者の意見は


喫煙者と非喫煙者の間で度々論争の的となるのが、職場での「たばこ休憩」の問題。喫煙者にとってはストレス解消や気分転換のための大切な時間だが、たばこを吸わない人にとっては不公平に感じることも……。今回は、マイナビニュース会員505名に「たばこ休憩」について調査してみた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15843163/

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙症 深刻な被害 たばこ臭でも“反応” 分煙では不十分


たばこの煙に含まれる化学物質に反応し、目やのどの痛み、発疹などの症状が出る「受動喫煙症」。重症になると服に付いたわずかなたばこの臭いでも激しい症状を引き起こし、日常生活に支障が出るケースもある。日本禁煙学会(東京)は診断基準をつくって注意を呼び掛け、屋内禁煙など対策の徹底を訴える。 (河野紀子)

「頭痛や吐き気がひどく、息苦しさもあった。近くにたばこを吸う人がいると必ず症状が出た」。昨秋、受動喫煙症と診断された愛知県の無職男性(30)は振り返る。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201901/CK2019010802000204.html

»新着情報一覧へ戻る

愛煙家はたばこ税増後も喫煙習慣に変化なし?


JTの「2018年全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男性の平均喫煙率は27.8%だった。 これは、昭和40年以降のピーク時(昭和41年)の83.7%と比較すると、約50年間で56ポイント減少したことになる。 また年代別にみると、急激な喫煙率の減少傾向が見られる60歳以上は21.3%だが、30歳代から50歳代はまだ35%前後を推移しており、最も高い年代は40歳代で35.5%となった。

https://beauty-men.jp/64284

»新着情報一覧へ戻る

「タバコは一口たりとも吸ったことがない」53.4%と半数超え 若者のタバコ離れも


20年前と近年では、喫煙者の立場は大きく様変わりしている。街中のあちらこちらで吸えたタバコは、居酒屋でさえ規制されようとしているのだ。

■半数以上がタバコをまったく吸ったことがない
しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,537名に「喫煙について」調査したところ、喫煙者は全体の20.0%。さらに詳しく、非喫煙者の男女1,239名に調査を実施すると…

「タバコは一口たりとも吸ったことがない」と答えた人が、全体で53.4%と半数を超える割合に。タバコとまったく縁のない人が、2人に1人もいるのだ。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161851152/

»新着情報一覧へ戻る

減少続くスモーカー=平成30年間で半分に-健康志向、値上げ影響か


たばこを吸う人の割合が減り続けている。

平成が始まった1989年には男女合計で36%だったが、2018年には半分になった。全国たばこ喫煙者率調査を実施している日本たばこ産業(JT)は「健康志向の高まりや高齢化、喫煙規制の強化、増税を主因とする値上げなどが要因」と分析している。

http://news.livedoor.com/article/detail/15830863/

»新着情報一覧へ戻る

なぜ「受動喫煙」と「所得」に関係があるのか


受動喫煙について広く知識が共有され、望まないタバコの煙を吸わされることに対する抵抗感が強くなってきた。喫煙やタバコ自体、受動喫煙によって生じる経済損失は巨額だが、個人所得と受動喫煙にはある関係のあることが最新の研究でわかった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180920-00097526/

»新着情報一覧へ戻る

タバコ休憩は不公平?! 吸わない人のモヤモヤ解消法とは?


松田聖子のヒット曲「赤いスイートピー」(歌詞・松本隆、作曲・呉田軽穂)がヒットしたのは1982年。出だしに「煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから~♪」という歌詞がありました。20歳だった私は「煙草の匂い」を大人の象徴のように感じたものです。当時、銀行員だった私は、上司や同僚の吸うタバコの煙の中で仕事をするのが当たり前。彼らのタバコの吸い方、消し方で、ナイーブな人、ガサツな人の特徴を観察していました。

https://otekomachi.yomiuri.co.jp/skill/20180515-OKT8T81455/

»新着情報一覧へ戻る

通勤中の喫煙ダメ 12月から社外も禁煙令


罰則なし 武蔵野市の本社オフィスも同時に全面禁煙

外食大手「すかいらーくグループ」(谷真社長)は12月から、東京都武蔵野市の本社オフィスを全面禁煙にすると同時に、社員に通勤途中の喫煙を禁じる。社屋が禁煙化されても敷地外に出れば「抜け道」になるケースが多いため、効果が注目される。

https://mainichi.jp/articles/20171127/k00/00m/040/043000c

»新着情報一覧へ戻る

必死すぎる! 禁煙の会社でタバコを吸う人がした最悪行動3選


喫煙者にとって、仕事中というストレスが溜まる環境では普段よりもタバコが吸いたくなるものだ。

中には、禁煙の会社にも関わらずに、そんな吸いたいという欲求を我慢できずに、周りに迷惑をかけるような行為をしてくる喫煙社員もいるらしい。

https://sirabee.com/2017/11/14/20161361310/

»新着情報一覧へ戻る

喫煙室でのコミュニケーション次第で決定される“タバコ人事”に、非喫煙者が不満も


喫煙者が多い職場のリアル 「社内では勿論、移動中の営業車でも吸っていた」「会議室がたばこ臭い」

近年、喫煙者に対する風当たりが強くなっている。公共の場では禁煙エリアが増え、レストランなどの飲食店でも完全禁煙化や分煙化が進んでいる。喫煙所を設けていても、非喫煙者にとってたばこの臭いや煙は気になってしまうもの。企業口コミサイト「キャリコネ」では、喫煙者が多い職場の現状や問題点が寄せられている。(参照元 キャリコネ「喫煙者」)

https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-8635/

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」