お知らせ

国会議員も紛糾!厚労省「原則禁煙法案」のハレーション


「原則屋内禁煙」厚労省案をめぐる与野党の動き
大阪・豊中市の某小学校への国有地売却問題一色になったかのような春の国会。しかし、他にもある法案についての綱引きが行われている。厚生労働省が原案をまとめた「健康増進法改正案」をめぐる与野党の動きが、それだ。

3月1日に厚労省が公表した原案は、受動喫煙防止対策を盛り込んだもので、基本的に屋内禁煙を定めたもの。飲食店を原則屋内禁煙(喫煙専用室は設置可)とし、酒類を提供するバーやスナック(延べ床面積30平方メートル以下)などは、例外的に換気設備の設置などを条件に喫煙を認めるというものだ。しかし、与野党ともにまとまっていないなかの厚労省案公表は、大きなハレーションを起こしている。

http://blogos.com/article/215549/

»新着情報一覧へ戻る

タバコ、法的に禁止しては?全面禁煙の一方、糖尿病激増の元凶=砂糖飲料OKはおかしくない?


今日は、禁煙についてのお話です。“極論君”は「病院の全面禁煙は大賛成」という主張です。一方で、“非常識君”は「法律を犯しているわけではないのに、愛煙家がちょっとかわいそう」という意見です。
“常識君”の解説です。
「多くの病院で健康増進法に基づいて、敷地内禁煙が広がっています。健康増進法は平成15年5月1日に施行された法律で、がんや心臓病、糖尿病といった生活習慣病を防ぎ、健康長寿を目指した国の健康づくり運動「健康日本21」の法的な基盤となっています。そしてその第25条で、多数の物が利用する施設(病院、学校、百貨店、飲食店、官公庁など)の管理者に対し、受動喫煙の防止措置をとるよう努めなければならない、と定めているのです」

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18467.html

»新着情報一覧へ戻る

子どもを守るために受動喫煙NO! 塩崎厚労大臣に要望書を提出しました


フローレンスは2017年3月27日、健康増進法改正(通称・受動喫煙防止法)に関して、塩崎厚生労働大臣に要望書を提出しました。賛同者として、慶應大学 総合政策学部 准教授 中室牧子先生、産婦人科医の宋美玄先生、元世界保健機関たばこ規制部長・日本対がん協会参事 望月友美子先生が集ってくださいました。
 
子どもたちが成長の過程で出会う多くの困難の中で、たばこは最初に遭遇する深刻な健康上のリスクです。たばこは喫煙者本人のみならず、周りのたばこを吸わない人々の健康も損ない、年間14.5万人(受動喫煙1.5万人・能動喫煙13万人)の命を奪います。

http://www.huffingtonpost.jp/hiroki-komazaki/anti-second-hand-smoke_b_15650218.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙防止で自民慎重派と厚労省が対立 議連「憂さ晴らしも国の締め付けか」VS厚労省「妊婦ら守る」


厚生労働省がまとめた、他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙の防止対策を盛り込んだ健康増進法改正案の原案をめぐり、規制慎重派を中心とした自民党側と厚労省が互いに譲らず、神経戦を繰り広げている。ことは選挙の当落にかかわるだけに、慎重派は懸命に抵抗しているが、厚労省が柔軟な姿勢を全く見せないことに怒り心頭。対立は精鋭化するばかりで、改正案提出のメドはたっていない。

http://www.sankei.com/politics/news/170315/plt1703150010-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

受動喫煙対策、健康被害減少へ強化は当然


政府は「飲食店は原則禁煙」などの受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案を今国会に提出する方針だ。

 厚生労働省の有識者検討会が昨年8月に取りまとめた報告書によれば、受動喫煙で肺がんの死亡リスクが約3割上昇し、心臓病や脳卒中なども含めた死者は年1万5000人を超える。健康被害を減らすために対策を強化するのは当然だ。

http://vpoint.jp/opnion/editorial/83996.html

»新着情報一覧へ戻る

豊洲問題論戦の裏で都議や都職員の気がかりは「都議会の喫煙所」


東京都議会の予算特別委員会が15日開かれ、自民党議員が前日に続き、豊洲市場(江東区)への移転問題に対する小池百合子都知事(64)の姿勢をただすなど、各会派の論戦が繰り広げられている。その一方で、都議や都職員には、別の気がかりな問題があるという。

http://news.livedoor.com/article/detail/12807029/

»新着情報一覧へ戻る

日本の新幹線に喫煙ルームがあって、中国の高速鉄道が全面禁煙な理由=中国メディア


現在日本では、公共スペースにおける禁煙範囲の拡大を巡る議論が政府レベルで繰り広げられている。愛煙家にとってはますます厳しい世の中になりそうだが、急激な禁煙化を進めることで困るのは喫煙者だけではない。

 中国メディア・今日頭条は16日、「日本の高速鉄道ではタバコが吸えるのに、中国の高速鉄道ではなぜ禁煙なのか」とする記事を掲載した。記事は、世界が禁煙へと向かう流れがある中、各国が相次いで喫煙に関するルールを発表していると紹介。日本でも路上喫煙が制限され、指定された場所で吸う必要があるとする一方、「日本の高速鉄道では喫煙ができるのだ」とした。

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170317/Searchina_20170317010.html

»新着情報一覧へ戻る

喫煙をやめられない妊婦とその家族に金沢市が助成金を出す見通し


全国的にも珍しい「妊婦さんの禁煙」に的を絞った政策が来年度から始まる。

金沢市が2017年度予算に計上

金沢市が2017年度から、妊婦とその同居する家族の禁煙治療にかかる費用を全額助成する制度を新たに設ける。

予算案は3月24日の市議会で可決される見通しで、市の「金沢健康プラン」改定に合わせ、4月から実施する予定。

母子健康手帳を受け取りに来た窓口で制度を案内する。

市健康政策課は、妊婦に焦点を当てた上限のない禁煙支援制度は全国的にも珍しいとしている。

https://irorio.jp/takumiurushidate/20170317/391722/

»新着情報一覧へ戻る

どうなる受動喫煙法案 政治家巻き込んで禁煙派と喫煙派が大激論 ワタミ創業者・渡辺美樹参院議員がブログに書いたコトは…


他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙防止対策をめぐって、禁煙派と喫煙派が激しい攻防を繰り広げている。喫煙に厳しく対処する厚生労働省の法案原案が1日に公表されて以降、学会や研究機関などが次々と調査結果や声明を出しているほか、政界でも与野党が入り乱れて混迷の様相。月内に法案がまとまる見込みはなく、今国会での成立断念も現実味を帯びてきた。

http://www.sankei.com/life/news/170324/lif1703240001-n1.html

»新着情報一覧へ戻る

「屋内禁煙を基本に」 がん患者団体、厚労相に要望書


 厚生労働省が今国会への提出を目指している受動喫煙対策を強化する法改正案について、全国がん患者団体連合会は23日、飲食店も含めて建物内禁煙を基本とするよう、塩崎恭久厚労相に要望書を提出した。全国会議員にも同日までに送付したという。

http://www.asahi.com/articles/ASK3R5F5JK3RULBJ00H.html

»新着情報一覧へ戻る

»ページ移動

 

関連リンク -Links

コーポレートクライアント -Corporate Client

禁煙セラピーは、欧州を中心とする世界規模の企業で社員の禁煙支援として導入されています。

100%返金保証

禁煙セラピーは、原則として1回の受講で卒煙できるプログラムですが、万が一喫煙してしまった場合、3ヶ月の保証期間内は無料で何度でも追加セッションを受けることができます。保証期間内に3回以上受講しても禁煙に成功しなかった場合は、お客様の自己申告にて受講料をすべてお返しいたします。「あなたにリスクは一切ありません!(You do not owe the risk!)」